今回のお家の工程は基礎工事「捨てコン」

言葉を聞いても意味不明な用語ですね。

「捨てコンクリート」と言うものなんですが、なぜ捨てるのか??

この捨てコンは、「※墨出し」が出来るように平らな場所をつくる事と、ベースコンクリートの厚さを均一にして強度のばらつきを防ぐ意味合いがあります。

基礎強度に全く関係しないので「捨てコン」と呼ばれているみたいです。

でも、立派な役目があるわけなのですが、この工程を省略する会社もあります。
強度に関係しない部分ですが、精度に関係するところ。
配筋など場所場所で変わると、捨てコンが無いと大変です。

そして、捨てコンに基礎の完成形に墨を出して、それに基づいて鉄筋を並べて行きます。
邸別に構造計算していますので、家毎に鉄筋の入り方が変わってきます。
写真を見るだけで、並んでいる鉄筋の間隔が違うのが分かると思います。
基礎も上からの荷重で一様な鉄筋ではダメであると言う事なんです。

これは地震の時などに分かれ道になってきます。