子どもの節目などを契機に、新築一戸建てを購入する人は圧倒的に多いものです。なかでも子どもにはのびのび元気に育ってほしい!!と願う人にとっては、「新築一戸建て」が自然な選択のようで、今回は「子育て」するうえで新築一戸建てのメリットについて紹介致します。

目次

ドンドン遊びまわっても大丈夫です♪

新築一戸建てなら生活音などを気にしなくて大丈夫

子どもは本当にじっとしていられないもの。走り回ったり、高い所からジャンプしたり。そんな時に「静かにしなさい!」と怒った経験はありませんか??
追いかけっこすることもジャンプすることも「子どもの習性」と理解しつつ、下の階の住民の迷惑を考えるとつい口を荒げてしまいます。でも、新築てなら、上下階の音を気にしなくてすみます。「階段」「踊り場」自体が子どもの格好の遊び場にもなるのです。

最初は兄弟姉妹と一緒だけど、私だけの部屋にも可変できます♪

新築一戸建てなら子ども部屋を与えやすい

一戸建てのメリットは部屋数。マンションではめずらしい4LDK以上の間取りが定番です。また、二階の1室を間取り変更できるプランもあり、子どもが小さいときは2人一緒に、大きくなったらそれぞれの個室に。など年齢に応じて変えることもできます。
普段はリビングで勉強したり遊んだりしていても、小学校への入学時には「宿題」が始まるため、祖父母などから学習机が贈られることも多い時期。保護者は家庭学習の環境を整える目的から、学習机を置いた子供部屋を準備しようと考えるようです。自分のものを自分で片付けたり、自立を促すためにも、子どもの小学校入学を機に個室を与えるというケースは多いようです。

お庭でボール遊びや水遊びなど遊ぶことができます。

お庭で遊べることが何よりのメリット

やはり「新築一戸建」の一番のメリットは「お庭」。よちよち歩きの赤ちゃんでも、葉っぱを踏んだり、虫を追っかけたり、水しぶきを受けたり、庭がすべて刺激に満ちた場所になります。少し大きくなれば、ボール遊びやプール遊び、さらには自転車やサッカーを練習したり、親子で一緒に植物を育てたりと、庭は子どもにとっていろんな経験をもたらしてくれる場所となります。親にとっても、目の行き届く場所で遊ばせることが出来るので安心ですね。